BetaTOR

リカバリー

激しいトレーニングの間にBetaTORをサプリメント摂取する事で、筋肉損傷を軽減し、リカバリーをサポートする事が証明されています。

0% 100% 200% 300% 400% BetaTOR Decreases Muscle Damage Percent Increase in Creatine Kinase 48-Hour Change in Creatine Kinase when Starting a Rigorous Training Program Placebo BetaTOR BetaTOR minimizes muscle damage when training intensity changes!
0 2 4 6 8 BetaTOR Improves Recovery From Intense Training Perceived Recovery Status After Training Placebo BetaTOR BetaTOR improves perceived recovery status!

エクササイズプログラムを始める事、あるいはエクササイズプログラムを次のレベルに進める事はストレスの原因となり、それによって筋肉損傷を引き起こします。BetaTORは筋肉損傷を軽減し、トレーニングを開始した時に、リカバリーを早くすることをサポートすると証明されています。Wilson 等による研究 (2013)では、BetaTORが厳しいトレーニングプログラムを行う高度にトレーニングされた参加者中の血清クレアチンキナーゼ(CK)の増加を減らす事が示されました。血清CKはトレーニング開始後48時間でプラセボを摂取した参加者で329%上昇しましたが、一方BetaTORを摂取した参加者での増加は僅か104%でした。これは、BetaTORによって筋肉損傷が非常に少ないことを示唆しています。トレーニングの9週目及び10週目の間に、オーバーリーチングフェーズが行われ、トレーニング頻度と激しさが再度増加されました。BetaTORは、トレーニングの激しさの変化と共に見られた血清CKと筋肉損傷の上昇を再度鈍らせました。BetaTORは激しいトレーニング中の筋肉を保護し、回復をより早くすることをサポートします。

またこの研究では、リカバリー状態(PRS)の体感を測定しました。この主観的方法で、参加者は1から10のスケールで、リカバリーと再びトレーニングする準備が出来ているかの評価を求められます。血清CKの客観的測定と一致して、PRSスコアは、BetaTORをサプリメント摂取した参加者は、プラセボをサプリメント摂取した参加者に比べて、有意に直ちに次のセッションでトレーニングが可能であることを示しました。BetaTORはより早いリカバリーをサポートするので、次のセッションでより激しくトレーニングができます。

 


BetaTORに関するより多くの情報
BetaTORが作用するメカニズム。
BetaTORはウェイト・トレーニングの効果を向上させます。
BetaTORはピークパワーパフォーマンスを向上させます。
BetaTORは身体組成を強めます。
BetaTORは筋肉損傷を軽減し、より早いリカバリーを可能にします。
BetaTORは有酸素代謝を高めます。
BetaTORは安全で副作用の無い事が証明されています。
BetaTORは徹底的に研究され、証明された結果を有しています。

© 2017 MTI Biotech, Inc. 無断転用禁止.