BetaTOR

結果を最大にして下さい!

トレーニングは強力なタンパク質同化刺激であり、それは最終的に筋肉肥大および筋力増加に影響します。しかしながら、トレーニングはリカバリー能力により制限されています。

BetaTORはタンパク質合成と分解のバランスを好ましい報告にシフトするのを助け、そしてリカバリーをより早くすることでトレーニング量と頻度を最大にし、得られるものを最大にするサプリメントです。

トレーニング刺激に適合する時、生体プログラムは最大の刺激を得るよう繰り返されるか時間に沿ったトレーニング計画(ピリオダイゼーション)を立てる必要があります。これは線形のあるいは非線形のピリオダイゼーションによってなし得ます。下の図は非線形ピリオダイゼーションが筋肉肥大と筋力でどのように最も大きな刺激と増加を与えるかを示しています。しかしリカバリー時間が限られているならば、この激しいトレーニングはトレーニング過多になり得ます。ここで、BetaTORが得るものを最大にする為に重要な役割を演じ、そしてリカバリー時間を最小にします。

Non-Linear Periodized Resistance Training = BetaTOR Condition = Control Condition Hypertrophy Non-Linear Periodized Muscle Damage Resistance Training Enhanced Regeneration
Linear Periodized Resistance Training = BetaTOR Condition = Control Condition Hypertrophy Linear Periodized Muscle Damage Resistance Training Enhanced Regeneration

 

トレーニング刺激を最大にする重要なファクター:

  • 動作の範囲―これはトレーニング刺激を最大にする為に重要である。簡単に言えば、運動はすべての範囲の動きを通して完成されねばならない。
  • 休息期間と強度―プログラムはトレーニング刺激を最大にするよう休息期間と強度を調整すべきである。
  • 運動の選択―より多くの筋肉グループをトレーニングするほど、全体の刺激はより大きくなる。このようにして、様々な運動が筋肉応答を最大にする為に用いられるべきである。

これらの要素をピリオダイズドプログラムに取り入れる事により、大きなトレーニング刺激を与える事が可能になるでしょう。そのようなプログラムの一例はBetaTORの効果を研究しているタンパ大学での研究で用いられました。この研究で、研究者は、研究対象被験者が次のトレーニングセッションに対して、通常回復しないであろうそのような高用量でトレーニングする条件を作りだす事により、BetaTORを試験する事を望みました(Wilson et al., 2014)―いわゆるオーバーリーチング。研究者は、上記の主要ファクターを、運動刺激を最大にする為に組み込みました。この12週間の厳しいトレーニングの下で、BetaTORを摂取することで、被験者はセッションの間でより早くそして充分に回復し、そして非脂肪筋肉と筋力を研究期間を通じて増加させ続けると言う驚く結果を達成しました。

研究者が用いた12週間のトレーニングプログラムは3つのフェーズに分割されました。
フェーズI:8週間の毎日の波状のピリオダイゼーション
フェーズII:2週間のオーバーリーチング
フェーズIII:2週間の漸減

本研究で用いられたこの激しいトレーニング運動療法に従う為、ここをクリックしてダウンロードして下さい :次のシートがプログラムを通して貴方をガイドします。 

 

 


如何なるトレーニングプログラム(あるいはサプリメント補給食事療法)も始める前に、医者と相談し、始めようとしているタイプのプログラムに対して健康上問題無い事を確認すべきです。これは、もしここに述べられているプログラムに従う場合は、特に重要です、それはこのプログラムは多重のワークアウトセッションの間に、最大の強度を達成させる為にデザインされているからです。

 

© 2017 MTI Biotech, Inc. 無断転用禁止.