BetaTOR

BetaTORはどのように作用しますか

貴方のトレーニング能力を最適にする時、筋肉タンパク質の代謝回転の速度は、結果に対して重要な役割を演じます。タンパク合成がタンパク分解と等しい時、筋肉タンパク質の実質的増減は有りません。

BetaTORは2つのメカニズムで筋肉タンパク質の増加に役立ちます。BetaTORはユビキチン・プロテアソームタンパク質分解経路を通じて、筋肉タンパク分解を減少します。BetaTORはmTOR経路を通じて筋肉タンパク合成を増加させます。


筋肉タンパク分解を減少させる

BetaTORは激しいトレーニングにより引き起こされた分子レベルでの筋肉タンパク分解を減少させます。厳しい運動はユビキチン・プロテアソームタンパク質分解経路を通じて、筋肉タンパク分解を増加させる事が示されています。BetaTORはユビキチン・プロテアソームタンパク質分解経路の極めて重要な調整成分と活性を減少させます。そしてそれによって、筋肉タンパク質の減少をより少なくします。最近の臨床研究で、BetaTORは筋肉のタンパク質分解を57%減少させたことが示されました(Wilkinson et al., 2013)。ユビキチン経路に及ぼす効果の正確なメカニズムは現在知られていませんが、動物モデルと人の両者の研究では、双方で同じタンパク分解減少効果が示されています。その結果、筋肉量を維持することをサポートしています。


筋肉タンパク合成を高める

BetaTORは、筋肉タンパク合成の開始を刺激するmTOR経路を含む多重のメカニズムを通じて筋肉タンパク合成を刺激しています。筋原線維タンパク合成の開始は、多数のファクターにより影響されるますが、mTORが筋原線維タンパク質合成で直接の増加をもたらす極めて重要な制御因子です。筋原線維タンパク質は、筋肉収縮力に貢献する筋肉中のタンパク質です。BetaTORはmTORのリン酸化反応を増加させ、その結果筋肉中のmTORのシグナル伝達経路を活性化させる事が示されています。そして、mTORは筋肉中のタンパク合成の開始を刺激または調整します。研究では、BetaTORのサプリメント補給がタンパク合成を最大で70%迄増加させることが示されており (Wilkinson et al., 2013)、また12週間の研究結果では、プラセボとウェイト・トレーニングのみの群に比べて除脂肪体重を250%増加させる事が示されています(Wilson et al., 2014)。


これらのメカニズムの結果として、BetaTORは体の筋肉タンパクを増加させ、筋肉の強度、パワーをサポートし、身体組成、有酸素能力を改善させ、そして回復時間を減少させると考えられます。
 


BetaTORに関するより多くの情報
BetaTORが作用するメカニズム。
BetaTORはウェイト・トレーニングの効果を向上させます。
BetaTORはピークパワーパフォーマンスを向上させます。
BetaTORは身体組成を強めます。
BetaTORは筋肉損傷を軽減し、より早いリカバリーを可能にします。
BetaTORは有酸素代謝を高めます。
BetaTORは安全で副作用の無い事が証明されています。
BetaTORは徹底的に研究され、証明された結果を有しています。

© 2017 MTI Biotech, Inc. 無断転用禁止.